普通預金口座の利息に対する源泉徴収について

内容

  • 普通預金口座の利息に対する源泉徴収について。

今までの制度

  • 普通預金口座の利息が年間20,000バーツ以下の場合、免税対象だった。

新しい制度

  • 2019年5月7日以降、銀行は歳入庁に普通預金口座の利息情報を送るようになった。
  • 口座保有者は情報開示を拒否する事が可能。
  • 情報開示をするかどうかで、20,000バーツ以下の利息に対して免税されるかどうか判断される。

1.情報開示をする場合

  • 普通預金口座の利息が20,000バーツ以下の場合は免税
  • 普通預金口座の利息が20,000バーツを超える場合は15%の源泉徴収をされる

2.情報開示を拒否する場合

  • 普通預金口座の利息に対して15%の源泉徴収をされる

実際の運用


タイ人の場合

  • 何もしない場合、情報開示をされる。利息については今までと同様。
  • 「情報開示を拒否する」と銀行に申請する事で、情報開示をされないかわりに利息に対して15%の源泉徴収をされる。

外国人の場合 … 銀行によって違う

バンコク銀行, SCB, Krungsri

  • 何もしない場合、利息に対して15%の源泉徴収される。歳入庁に情報開示されない。
  • Krungsriで免税措置を受けたい場合、銀行でTAX IDを知らせる必要がある。その場合、歳入庁に情報開示される。

KBANK

  • タイ人と同じ運用。何もしない場合、20,000バーツ以下の利息に対して源泉徴収されない。 歳入庁に情報開示される。

メモ

  • バンコク銀行/SCB/KrungsriとKBANKの対応の違いは、歳入庁へ開示する情報がTAX IDかパスポートの違いによると思われる。
  • 今までは各口座の利息が20,000バーツ以下なら全口座の利息合計が年間20,000バーツでも歳入庁は把握できなかったが、免税措置を受けている人は把握されるようになる。

参考